CocoaPods の導入

iOS 関連の開発するならとりあえず CocoaPods がないと始まらない。
面倒なライブラリの導入・設定を自動化出来るので未使用の方は導入をお勧めします。

というわけで導入方法のメモ
本家はこちら
http://cocoapods.org/

CocoaPodsのインストール

これでターミナルから pod コマンドが使えるようになったはず。

対象のXcode projectのディレクトリに「Podfile」という名前でファイルを作成します。このファイルの内容に従ってライブラリが導入されるので重要です。

ライブラリのversion等を指定したりも出来るが一番シンプルなPodfileの中身はこんな感じ。
※ 今回は試しに「Realm」を導入します。

Podfileの作成が終わったら

でライブラリをインストールします。
インストールが完了すると .xcworkspace というファイルが生成されているはずなのでそれを開いていつも通り開発を進めるだけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。