swift の基礎をおさらい

最近、個人では Objective-C ではなく swift を使用しています。
ある程度使い慣れてきたところで基礎の復習をしたいと思います。

let と var

swift では定数を宣言するとき let を使用します。let で宣言されている定数には宣言時以外で代入するとコンパイルエラーになるようになっています。変数を宣言するときは var を使用します。
これが意外と便利。

Optional type

通常 swift では下記のように nil を代入することができません。

nil を代入する可能性のある場合は下記のように明示的に宣言する必要があります。

ちなみに、Optional type を付けづに宣言した変数を途中で nil 代入可に変更することはできません。

Type inference

これは Java Script 等でよくあるやつですね。OS側で代入される値に応じて型を推論してくれるやつです。
これは好みが別れると思います。個人的なコードなら便利かと思いますが、商用コードとかだと誰が触るかわからないのでちゃんと型宣言してあげるべきだと思います。
ちなみに、Java Script とかだと初期化時に代入した値と違う型の値を入れても何もエラーが出ませんが Xcode を使っている場合はコンパイルエラーになります。Optional type をしよする場合は必ず型宣言しないとダメなようです。

個人的には昔「全員が Xcode を使うと思うなよ!」って怒られた思い出がw

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。