MacでVisual Studio Codeを使ってみる

Build 2015デベロッパー・カンファレンスでMicrosoftが発表したVisual Studio Code。
Windows / OSX / Linuxで動作するクロスプラットフォームのコードエディタらしい。
review版だけどダウンロードは下記からできる。

https://code.visualstudio.com/Download

visualstudiocode

対応言語は今の所こんな感じ。
Syntax coloring, bracket matching
C++, jade, PHP, Python, XML, Batch, F#, DockerFile, Coffee Script, Java, HandleBars, R, Objective-C, PowerShell, Luna, Visual Basic, Markdown

+ IntelliSense, linting, outline
JavaScript, JSON, HTML, CSS, LESS, SASS

+ Refactoring, find all references
C#, TypeScript

「⌘b」でExplorerの表示表示非表示を切り替えたり
「⌘をしながらExplorerのファイルをクリック」すると「Side by Side Editing」にできたりする。
「⇧⌘v」でMarkdown Previewもできる。
cmd+shift+v

あとは「⇧⌘p」で表示できるCommand Palletが意外と便利
command_pallet

まだ使い始めたばかりなのでなんとも言えないが
見た目もきれいで軽い、割と使いやすい。

ちょっと使い倒してみようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。